性欲の強さはどこからくるの?

性欲の強さは男性ホルモンの値によって決まるとされ、男性ホルモンであるテストステロンの分泌が多い人は、同時に性欲が強い傾向にあるとされています。
自身をはっきりと主張する人、自身の意見を強くもっている人、判断力、決断力をもっている人、たくましい肉体と筋肉を誇っている人はテストステロン値が多いとされ、性欲が旺盛で、生殖能力も高いといわれています。
テストステロン値は生まれつき決まっており、生活習慣などによってある程度の上下はありますが、元々その人自身の持っている上限は変わらないとされています。
またひとしく性欲にも生まれつきの値があり、性欲の高さは、その人本来の生まれ持った特性であるといえます。
性欲をつかさどるホルモンであるテストステロンを増やすことは難しいですが、逆にテストステロンは生活習慣やストレスなどによって容易に減少し、同時に性欲も著しく後退してしまうといわれています。
ストレスの過剰や生活習慣の乱れはテストステロンの減少による性欲の減退のみならず、男性自身の勃起不全など、性生活にも悪影響を与えてしまう可能性があるため、元々持ち合わせていた性への欲求を保つためにも、生活習慣を正し、ストレスを溜めすぎないことが肝要になります。
テストステロンには上限があり、元々その人の持っていた性質を大きく変えることは難しいですが、ある程度にテストステロンを増やし、性への欲求を高めることは可能なことではあります。
その1つの方法としては筋肉を鍛える、というものがあり、男性ホルモンであるテストステロンは強い筋肉を作りだすホルモンでもあるため、筋肉に刺激を与えることでテストステロンが分泌され、同時に性的欲求も増幅させることが可能になるのです。

性欲増進させる商品も使ってみよう

幸せな結婚生活を営むためには、夜の夫婦生活も非常に大事です。
定期的に夫婦で夜の生活を楽しむことで自然に子供が出来、出産して子供を養い生活へとスタイルが変わっていくわけです。
また、子供が出来たからといってそこで夜の営みが終了する訳ではありません。定期的に夫婦生活を楽しむことが夫婦のいい関係を維持していくことになるのです。
従って夫、妻ともにこういった意識を持って人生を歩んでいかなければなりません。ただし、無理に営みを義務的に続けていくのは苦痛になります。
性欲の減退によって夫婦でセックスするのが面倒だと感じ始めれば危険信号です。ちょっとしたことから夫婦生活の言うものには亀裂が入るものです。
例えばいつものように旦那さんが夜ベッドで奥さんに近づいて行った際、生理でもないのに奥さんが意味もなくそれを拒否した場合などです。
これを機会に旦那さんは奥さんを誘えなくなり、不満から浮気に走って離婚の危機を迎える可能性もあります。
従って性欲が若いころに比べてなくなったと自分で自覚がある場合、媚薬などを使って性欲を促進することも必要です。
現在では通信販売でも様々な媚薬が販売されていますし、価格も手ごろです。また、通販ですので店頭に出向かなくていいので購入もしやすいです。
奥さんの場合、旦那さんにそういったものを使っていることを知られたくない場合もありますが、そういう場合も通販なら安心です。
旦那さんの仕事中に配達してもらう時間指定をしておけば知られることもなく購入できます。
使う際はセックスの前にこっそり口にすれば若い頃のような情熱的な営みが期待できます。
奥さんが情熱的ならば旦那さんは浮気しようなどとは思いません。

性欲は多いくらいがちょうど良い

本能的な欲求は世間的に悪いものだと言われています。
食欲や睡眠欲、そして性欲、こういった欲求を抱く事は良くないと私たちは教育を通じて教えられています。
しかし、本能的な欲求こそ人間の成長に欠かせないものです。
有り体に言えば性欲は男性を社会的な成功に導くものであり、「英雄色を好む」は紛れも無い真実となります。
良し悪しは別として歴史的な偉人や偉業を成し遂げた人物には、多くの場合、愛人が存在しました。
あるいは子沢山な家庭だった事が多く、ポテンシャルの高い男性ほど、恋愛やセックスへの意欲も強く、そういった傾向が見て取れます。
中世の時代では側室や愛人が制度化されていた事もあり、一夫多妻制が常識だった時代と地域もあります。
ただ現代社会において、ところ構わず性欲を発揮するのは危険です。
しかし、ITや情報が発達したデジタル社会においても、依然として性欲は男性を成功に導く重要な燃料となります。
恋愛やセックスの意欲が強い男性程、若々しい心身を維持できます。
禁欲は男性にとって一種の自傷行為であり、メンタルと肉体の老化を自ら招くものです。
むしろ性欲は多いくらいがちょうど良く、溜まった欲求はスポーツや創作、ビジネス等で昇華すれば、周囲の人々の迷惑にはなりません。
マスターベーションもまた性欲の健康的な解消法です。
習慣的に行う事で、男性特有のがん予防にも繋がり、性欲の維持と増進が図れる長所もあります。
精力旺盛な状態を維持できれば肉体と精神も若々しく維持出来ますし、芸術やビジネス、スポーツの分野において素晴らしい成果を残せます。
大業を成し遂げた小説家や漫画家の多くが、俗にいうスケベな性格だった事は有名であり、恋愛やラブコメを題材に出来るのは、創作に充てられる豊富な性欲が根底にあったためです。
自分の性欲がありあまるほどあっても、パートナーが性病を発症してしまった時はすぐに薬で治してあげましょう。
浮気などではなく、常在菌などが原因で発症してしまう症状などもありますのですぐに怒って別れるということはやめた方がいいです。
そのような性行為だけが原因ではない性病の一つにトリコモナス膣炎というものがあります。
この性病は温泉やプールなどでも感染する可能性がありますので、症状が現れた時はすぐに医師に診てもらいましょう。

ページの先頭へ戻る